ホーム > 県政情報・統計(県政情報) > 広聴 > 広聴活動 > 県民モニターアンケート-入力内容が全て消える場合の原因と対策

更新日:2021年8月6日

ここから本文です。

県民モニターアンケート-入力内容が全て消える場合の原因と対策

県民モニターアンケートにご回答いただく際、エラーが表示され、入力内容が全て消えた場合の対策をご案内します。

よくお問合せをいただくエラーは、下記のものが挙げられます。

[注意点]

入力内容が全て消えた際、どんなエラーメッセージが表示されたか、県庁側では確認できません。

原因1.制限時間の超過

ご入力いただく際、60分を超えると、時間切れで回答できなくなってしまいます。
※白い画面で「有効な持続時間を超過したため、接続はシステムにより切断されました」云々と表示されます。
【時間切れ等で回答出来ない場合の対策】の詳細はこちら
時間切れ等で回答出来ない場合の対策

原因2.動作環境が合わない

OSやブラウザの動作環境が合わない場合。または、ブラウザ設定の一部変更が必要な場合。
特にMicrosoftのEdge(エッジ)で、回答不能に関するお問合せが寄せられました。
解決策の詳細はこちら

兵庫県電子申請共同運営システム(e-ひょうご)動作環境について(外部サイトへリンク)

原因3.機種依存文字の使用

自由記入欄への回答文に「使用できない文字(異体字や外字記号、絵文字など)」が含まれる場合。
※灰色の小さい画面が開き、「使用できない文字が入力されています」云々と表示されます。
このエラーが表示されると、次の「確認ページ」に進めなくなります。
アンケートフォームからは、異体字を送信できません。
常用漢字または、ひらがなへの置き換えをお願いします。

原因4.ブラウザのバックボタンを押した場合

入力ミスを訂正する為、ブラウザのバックボタン(「戻る」「←」など)を使用して、前の画面に戻ろうとした場合。
※白い画面で「Webページの有効期限が切れています」云々と表示されます。
また、意図せず「Alt」キーに触れた状態で「←」などの矢印ボタンを押すと、バックボタンを押した場合と同じエラーが発生します。
入力フォームでは、ブラウザのバックボタンは使えません。
入力内容を修正する時は、「申し込み内容の確認」画面の下方にある「修正する」ボタンを押して「申し込み内容の入力」画面に戻ってください。

原因5.更新ボタンを押した場合

  • 「更新」ボタンや「F5」ボタンを押すと、入力内容が消えてしまいます。
    ※白い画面で「戻るボタンや更新ボタンなど、不正な画面操作を行った」云々と表示されます。
    入力ミスの訂正は、入力確認画面での上書き入力をお願いします。
  • タッチパッドが有効なノートパソコンの場合、袖などがパッドに触れ、意図しない操作が発生する場合があります。
    ノートパソコンにマウスを接続して使用される場合は、タッチパッドを無効化しておくと、思わぬ操作の発生が減ります。
    タッチパッドの無効化は、機種によって設定方法が異なります。ノートパソコンの取り扱い説明書をご参照ください。

【用語】
バックボタン=前の画面に戻るボタン。
「戻る」や、横向き矢印のマークなど、ブラウザによって表示が異なります。
パソコンの場合、「Alt」キーを押した状態でキーボードの「←」など矢印ボタンを押しても、同じ操作を行えます。

「更新」ボタン=ウェブページの内容を再度読み込んで、最新化するボタン。
「更新」や「リロード」、回転する矢印のマークなど、ブラウザによって表示が異なります。
パソコンの場合、キーボード最上部の「F5」ボタンでも同じ操作を実行します。

タッチパッド=ノートパソコン本体のキーボードより手前にある四角い部分。
触れると画面上のカーソル(矢印)が動く場合は、タッチパッドによる操作が有効です。
無効化する際は、必ず先にマウスを接続してください。

お問い合わせ

部署名:企画県民部秘書広報室広聴課

電話:078-362-3021

FAX:078-362-4291

Eメール:kocho@pref.hyogo.lg.jp