ホーム > 2021年8月記者発表資料 > 宝塚大橋の歩道空間整備計画について

ここから本文です。

宝塚大橋の歩道空間整備計画について

2021年8月27日

担当部署名/阪神北県民局宝塚土木事務所  直通電話/0797-83-3187

宝塚大橋は昭和54年(1979年)に完成した武庫川を渡る橋梁で、阪急宝塚南口駅から宝塚大劇場前の「花の道」へと続くプロムナードに位置しており、歩道部にはプランターボックスやモニュメントなどが配置されたことからガーデンブリッジとして親しまれてきました。当橋梁は、築造から40年を経過することから、補修・補強に併せて耐震化工事を実施しており、補修に影響する歩道部の施設を一旦撤去しています。この歩道空間の整備計画について、周辺の風景にふさわしい景観や歩道利用状況、通行安全性、整備後の維持管理などの視点から検討します。検討に当たって、有識者などの意見を聞きながら進めるため、宝塚市景観審議会の場で意見を聞くこととしましたのでお知らせします。 

  1. 日 時:令和3年9月6日(月曜日)14時~
  2. 会 場:宝塚市立中央公民館 201、202学習室
  3. 会議名:令和3年度 第2回景観審議会
  4. 議 題:宝塚大橋の歩道空間整備計画

 

詳細は別添資料をご覧ください。