ホーム > 県政情報・統計(統計) > 経済統計 > 市町民経済計算 > 平成31・令和元年度市町内GDP速報値(市町内総生産速報値)

更新日:2021年6月4日

ここから本文です。

平成31・令和元年度市町内GDP速報値(市町内総生産速報値)

この速報値は、「四半期別兵庫県内GDP速報(兵庫QE)」(令和2年10-12月期)の生産系列の平成31・令和元年度値について、一定の方法(簡易推計)で県内市町別に按分し、算出したものです。推計資料及び推計方法の相違から、今後発表する市町民経済計算とは数値が異なる場合があります。

なお、この速報値における平成30年度までの計数は、「平成30年度市町民経済計算」の生産系列によるものです。

 

  1. 県(市町)内総生産(名目)の概要
    平成31・令和元年度の県内総生産(=市町内総生産の総額、名目)は、21兆2,106億円、前年度比0.2%増(平成30年度0.4%減)と2年ぶりのプラスとなりました。産業別に見ると、第1次産業は4.3%減(同2.4%減)と3年連続のマイナス、第2次産業は1.0%増(同1.0%増)と4年連続のプラス、第3次産業は0.1%減(同1.1%減)と2年連続のマイナスとなりました
  2. 市町内総生産の概要
    市町内総生産(名目速報値)については、丹波地域(前年度比9.9%増)など5地域でプラス、阪神北地域(同2.7%減)など5地域でマイナスとなりました
    実質市町内総生産(速報試算値)については、丹波地域(同9.5%増)など5地域でプラス、北播磨地域(同0.0%)で横ばい、阪神北地域(同3.2%減)など4地域でマイナスとなりました。

 

関連メニュー

お問い合わせ

部署名:企画部 統計課

電話:078-362-4132

FAX:078-362-4131

Eメール:toukeika@pref.hyogo.lg.jp