更新日:2021年8月20日

ここから本文です。

ひょうご県営住宅整備・管理計画

「ひょうご県営住宅整備・管理計画」に基づく県営住宅の整備

1 計画の見直し

「ひょうご県営住宅整備・管理計画」(平成28年度~令和7年度)に基づいて県営住宅の整備・管理を推進してきましたが、人口・世帯数の減少や急速に進む高齢化など県営住宅を取り巻く状況や生活様式の変化への的確な対応を図るため、令和3年7月に計画を改定しました。

2 計画期間

令和3年度から令和12年度までの10か年。(概ね5年で見直し)

3 計画での目標

 

目標(R12年度)

管理戸数

45,000戸

入居率の向上

90%

耐震化の推進

概ね100%

バリアフリー化の推進

80%

 

4 目指すべき方向と主な施策

目指すべき方向

主な施策

安全で安心して暮らせる

住まいの提供

  • 多様な住宅困窮者への支援(LGBT等)
  • コロナによる収入減少者等への住宅支援

福祉施策と連携した

安定した暮らしの支援

  • 若年層優先入居枠の拡充検討、同居親族要件の廃止検討
  • 家賃と共益費の一体的徴収の実施

環境に配慮した次世代へ

つなぐストックの有効活用

  • 用途廃止に向けた集約の加速化
  • 駐車場の空き区画を芝生化等オープンスペースに転換し住民に開放

地域のまちづくりと連携した

住まいの提供

  • 市町との建替連携
  • 公社や民間との連携による余剰地活用

ポストコロナ社会に対応する

先進的な取組

  • 宅配ボックスの設置
  • 健康器具や共同菜園の設置

 

お問い合わせ

部署名:県土整備部住宅建築局公営住宅課

電話:078-230-8455

FAX:078-230-8466

Eメール:koeijutaku@pref.hyogo.lg.jp