更新日:2021年11月10日

ここから本文です。

里親募集について

私たちの身近には、さまざまな事情により家族と一緒に暮らすことができない子どもたちがいます。
兵庫県では、そのような子どもたちを家族の一員として、温かく迎え入れ、子どもたちの心身の成長を支えてくださる「里親」を求めています!

【里親制度啓発 動画コンテスト開催中!】

  • 作品募集期間:2021年11月10日(水曜日)から2022年1月31日(月曜日)
  • 最優秀賞には賞金5万円!(1点) ※優秀賞:賞金3万円(1点)、入賞:賞金1万円(2点)

里親制度って何? 里親制度ガイダンス動画(外部サイトへリンク)もぜひご覧ください。

里親制度啓発動画コンテストチラシ

【里親制度ガイダンス動画】

もうひとつの親子~里親制度を知っていますか~(14分15秒)

里親動画(外部サイトへリンク)

里親制度の概要や、実際に里親をされている方の声などを動画でご紹介します。

あなたも里親について、一緒に考えてみませんか。

  • 1:里親制度ってなに             (~3分21秒)
  • 2:里親の声 子どもの声「養育里親・専門里親」(3分22秒~5分21秒)

「季節里親・週末里親」(5分22秒~7分11秒)

「養子縁組里親」          (7分12秒~9分8秒)

「養子」                      (9分9秒~11分7秒)

  • 3:里親になるまで 里親になってから     (11分8秒~)

里親とは?

子どもは保護者の深い愛情につつまれて、家庭ですこやかに育つことが望まれます。

しかし私たちの身近には、保護者の家出、離婚、病気などさまざまな事情で家庭を離れて生活しなければならない子どもたちがいます。

一時的に家庭での養育が困難になった子どもや家族を失った子どもを、自分の家庭に引き取って、深い愛情と正しい理解をもって育ててくださる方を「里親」といいます。

里親の種類は?

「養育里親」、「養子縁組里親」、「親族里親」、「専門里親」があります。

養育里親

委託された子どもが親もとに帰れるまで、もしくは満18歳になって独立するまで養育していただく里親です。(一定の事前研修が必要です。)

養子縁組里親

特別養子縁組を結ぶことを前提に、養子縁組が成立するまでの間、一緒に生活していただく里親です。(一定の事前研修が必要です。)

親族里親

直系血族(祖父母)および兄弟姉妹などの親族が、扶養義務のある子どもを育てます。扶養義務を負わない親族の場合は養育里親が適用されます。

専門里親

すでに養育里親として登録している里親もしくは児童福祉事業に従事した方で、一定の要件を満たし、かつ専門里親認定研修を修了した方がなれる里親です。(虐待などにより心身に有害な影響を受けた子どもを養育していただく里親です。)

 

 

☆この他にも、週末や正月、夏休みなどに児童養護施設の子どもたちを一時的に養育していただく週末里親・季節里親もあります。

 

週末里親・季節里親に関するお申し込みやご相談は、公益社団法人家庭養護促進協会(外部サイトへリンク)(078-341-5046)へご連絡下さい。

里親になるには?

申請書等の定められた書類をご提出いただいた後、研修を受講し、こども家庭センターによる家庭訪問調査を行います。

その上で、県社会福祉審議会の審査(「里親認定」といいます。)で適当と認められれば、里親になることができます。

特別な資格は必要なく、実子がいても里親になることはできますが、次のような要件があります。

里親になるための要件

  1. 児童の養育についての理解及び熱意並びに児童に対する豊かな愛情を有していること
  2. 経済的に困窮していないこと
  3. 里親研修を修了していること(養育里親・養子縁組里親・専門里親)
  4. 里親になることを希望する者及びその同居人が欠格事由(※)に該当しないこと

※欠格事由について

  • 禁錮以上の刑に処せられ、その執行を終わり、又は執行を受けることがなくなるまでの者
  • 児童虐待又は被措置児童等虐待を行った者等

里親になるまでの手続き(神戸市及び明石市を除く)

  1. こども家庭センターに相談(申請書、提出書類の確認)
  2. 研修受講(講義・施設実習) ※公益社団法人家庭養護促進協会に委託して実施しています
    • ※研修受講の修了証書の有効期間は、交付された日から2年間です。
      有効期間内にこども家庭センターに申請書を提出し、里親として県知事の認定を受けることが必要です。
      有効期間を過ぎた場合は、再度受講の上、申請していただくこととなります。
  3. こども家庭センターの面接・家庭訪問
    • ※家庭調査に当たって、地区担当民生委員・児童委員の意見等も聴取します。
  4. 県社会福祉審議会で審議
  5. 県知事が認定・登録
    • ※認定・登録後、子どもとの面会や交流を重ねて、相性の確認を行った後の委託となります。
    • ※養育里親及び養子縁組里親の登録については5年ごと、専門里親については2年ごとに更新があり、更新には研修受講が必要です。

子どもとの出会いは?

こども家庭センターでは、子どもの年齢や性格、里親の家庭状況や希望条件などを総合的に考慮して、子どもを里親に紹介します。

子どもと里親をひきあわせ、一緒に暮らすことがよいと判断された場合は、こども家庭センターが正式に子どもを育てることを里親にお願いします(「里親委託」といいます)。

里親に支給される費用は?

国で定められている基準に基づき、里親手当、一般生活費、学校教育費、子どもの医療費などが公費で支給されます。

区分

里親手当

一般生活費

その他

養育里親

委託児童一人あたり月90,000円

(2人目以降も月90,000円を追加支給)

委託児童一人あたり

乳児:月60,110円
乳児以外:月52,130円

 

教育費

医療費

冷暖房費

就職支度費

大学進学等自立生活支度費等

養子縁組里親・親族里親

なし

専門里親

委託児童一人あたり月141,000円

(2人目以降も月141,000円を追加支給)

(令和3年4月1日現在)

里親になってみませんか?(お問い合わせ先)

里親制度についてのご質問・ご相談は、こども家庭センターで受け付けております。(土日祝日及び年末年始を除く9時から17時30分まで)

里親制度に興味がある方、申請を希望される方は、お近くのこども家庭センターまで、お気軽にご相談ください。

こども家庭センター(児童相談所)

所在地・電話番号

担当地域

中央こども家庭センター

〒673-0021 明石市北王子町13-5


078(923)9966

加古川市、西脇市、高砂市、

稲美町、播磨町

洲本分室

〒656-0021 洲本市塩屋2丁目4-5

(洲本総合庁舎内)


0799(26)2075

洲本市、南あわじ市、淡路市

尼崎こども家庭センター

〒661-0974 尼崎市若王寺2丁目18-3

ひと咲きタワー9階


(06)4950-5001

尼崎市

 

西宮こども家庭センター

 

〒662-0862 西宮市青木町3-23

0798(71)4670

西宮市、芦屋市
川西こども家庭センター

〒666-0017 川西市火打1丁目12-16

キセラ川西プラザ3階


072(756)6633

伊丹市、宝塚市、川西市、

三田市、猪名川町

丹波分室

〒669-3309 丹波市柏原町柏原688

(柏原総合庁舎内)


0795(73)3866

丹波篠山市、丹波市

加東こども家庭センター

〒679-0212 加東市下滝野1269-2

(加東市元滝野庁舎2階)


0795(27)8250

西脇市、三木市、小野市、

加西市、加東市、多可町

姫路こども家庭センター

〒670-0092 姫路市新在家本町1丁目1-58


079(297)1261

姫路市、相生市、たつの市、

赤穂市、宍粟市、神河町、

市川町、福崎町、太子町、

上郡町、佐用町

豊岡こども家庭センター

〒668-0063 豊岡市正法寺446

0796(22)4314

豊岡市、養父市、朝来市、

香美町、新温泉町

上記は兵庫県所管のこども家庭センターです。神戸市及び明石市にお住まいの方は、各市所管の児童相談所へお問い合わせください。

児童相談所

所在地・電話

担当地域

神戸市こども家庭センター

〒650-0044 神戸市中央区東川崎町1丁目3-1


078(382)2525

神戸市

明石こどもセンター

〒674-0068 明石市大久保町ゆりのき通

1丁目4-7


078(918)5097

 

 

明石市

 

里親になったら、どんな子育て支援が受けられるの?

子育てについての相談は、こども家庭センターや公益社団法人家庭養護促進協会の職員が応じます。

他にも、里親で組織する「里親会」があり、子どもを育てるための情報交換や研修会のほか、年に一回開催される「里親会ふれあい交流会」など、里親同士の交流を通じて里親家庭への支援や啓発活動を行っています(里親会への加入は任意です)。

また、児童家庭支援センターのある6か所の児童養護施設等に里親を専門的に支援する専任職員として「里親支援専門相談員」を配置しています。里親支援専門相談員は、こども家庭センターや里親会等と連携・協力して「里親及び里子」への支援を行っています。

定期的な家庭訪問について

委託後は、里親と子どもの関係が日々の生活のなかで、様々な状況に直面することが考えられますので、こども家庭センターの担当者や児童養護施設等の里親支援専門相談員が定期的に里親宅を訪問し、里親と子どもの状況を確認するなど、相談支援を行います。

養育状況の確認等について

委託後は受託した子どもの心身の状況や様子、養育の状況について記録をつけていただきます。

これをもとに「養育状況報告書」を作成し、定期的にこども家庭センターに提出していただきます。

 

「里親支援専門相談員」を配置している児童養護施設・乳児院

(令和3年7月1日現在)

施設名

住所

電話番号

併設の児童家庭支援センター

子供の家

〒661-0974 尼崎市若王寺3-16-3

06(6491)8953

キャンディ 06(6491)1811

御殿山ひかりの家

〒665-0841 宝塚市御殿山2-1-67

0797(85)4452

子そだてサポートひかり
0797(81)2775

善照学園 〒651-1423 西宮市山口町船坂2128-1 078(904)3773

-

立正学園

〒675-1202 加古川市八幡町617-4

079(438)0132

虹の丘 079(438)2725

アメニティホームルピナス高砂 〒676-0827 高砂市阿弥陀町阿弥陀1163-1 079(449)2112

-

アメニティホーム広畑学園

〒671-1102 姫路市広畑区蒲田370-1

079(236)1630

すみれ 079(230)4445

二葉園 〒671-2134 姫路市夢前町菅生澗673-1 079(335)0012

-

睦の家

〒669-3826 丹波市青垣町文室204-2

0795(87)5815

-

若草寮

〒669-5112 朝来市山東町大内547-1

079(676)2123

リボン 078(676)5035

アメニティホーム光都学園 〒679-5165 たつの市新宮町光都1-6-1 0791(58)1101 すずらん 0791(58)1145
伊丹乳児院 〒664-0007 伊丹市北野3-48-2 072(781)1744

-

ピューパホール

〒670-0873 姫路市八代東光寺町13-11

079(282)2692

-

聖和の杜 〒656-2131 淡路市志筑1489-3 0799(73)6161

-

受託した子どもの自立に向けて

大学や専門学校等、高等教育への進学を希望している場合に活用できる奨学金制度もあります。

 

お問い合わせ

部署名:健康福祉部少子高齢局児童課 児童福祉班

電話:078-341-7711

内線:2982

FAX:078-362-0061

Eメール:jidouka@pref.hyogo.lg.jp