ホーム > 防災・安心・安全 > 安心・安全 > 消費生活 > 令和4年4月から「18歳・19歳も大人」

更新日:2022年2月3日

ここから本文です。

令和4年4月から「18歳・19歳も大人」

令和4年4月から、成年年齢が20歳から18歳に引き下げられます。

若者相談件数推移

県内年齢別相談件数の推移

成年年齢が18歳に引き下げられると、高校在学中に成人となり、18歳・19歳でも、親権者(親・保護者)の同意なしに、自分の判断で高額な商品の購入やお金の借入れができるようになります。(大人と同じ権利・義務を負います。)
一方で、飲酒や喫煙、競馬・競輪などはこれまでと同様、20歳にならないとできません。

民法では、未成年者が保護者の同意を得ずに契約した場合「未成年者取消権」で取り消すことができますが、成年年齢が引き下げられることにより、18歳から「未成年者取消権」が行使できなくなります。

兵庫県内の消費生活相談状況から、成年(20歳)を迎えた途端、相談件数が急増します。令和4年4月以降、社会経験の乏しい18歳・19歳が悪質な事業者に狙いうちにされます。(グラフ)

18歳・19歳を含む若者へ向けて、吉本芸人「女と男」出演の動画やラップを活用した動画、チラシ・リーフレットなどのコンテンツで、特に若者に多い消費者トラブルや対処方法について知ってみませんか。

動画

  • 吉本芸人「女と男」がポイントを解説「くらしでお困りのことありませんか?」

コープサムね

消費者トラブル#06成年年齢引下げ編(外部サイトへリンク)

その他、日常生活にひそむ消費者トラブルとその対策をわかりやすく解説したシリーズ動画は「《コンテンツ》消費者トラブル防止動画で学ぶ!!」ページへ。

 

 

  • TikTok等でラッパー教師として活躍の“あきらめん”氏による「ラップで対策!!悪質商法」

(TikTokやInstagramの公式アカウント「兵庫県安全安心な消費生活推進本部」でも配信中。)

ラップサムね

#1お試し購入編(外部サイトへリンク)

#2ワンクリック詐欺編(外部サイトへリンク)

#3マルチ商法編(外部サイトへリンク)

#4オンラインゲーム編(外部サイトへリンク)

#5インターネット通販編(外部サイトへリンク)

#6情報商材編(外部サイトへリンク)

#7水回りトラブル編(外部サイトへリンク)

#8エステ無料体験編(外部サイトへリンク)

 

若年者向け啓発動画

出前講座

小学校・中学校・高等学校・特別支援学校・大学等の若い世代や、企業の社員向け、保護者(PTA)・高齢者向けに、最新の消費者トラブルの事例やその対処法等をわかりやすく解説する、実践的な出前講座を開催しています。

詳しくは「出前講座を実施しています」ページへ。

チラシ・リーフレット

【各種SNS】兵庫県安全安心な消費生活推進本部

動画コンテンツや安全安心な消費生活に役立つ情報をタイムリーに発信しています。

次世代の消費者リーダーの養成

若者の消費者問題への関心を高め、自分で理解・選択・行動できる力である消費者力の向上を図るとともに、次世代の消費者リーダーとして「くらしのヤングクリエーター」を要請しています。自ら消費者問題に関する事業を企画・実施することにより、県民の消費者力向上とくらしのヤングクリエーター自身の消費者リーダー力の向上につなげています。

詳しくは「次世代の消費者リーダーの養成」ページへ。

お問い合わせ

部署名:県民生活部 生活安全課 消費生活担当

電話:078-362-3378

FAX:078-362-4022

Eメール:seikatsuanzen@pref.hyogo.lg.jp