ホーム > 健康・医療・福祉 > 医療 > 計画・取組(医療) > 外来機能報告制度とは

更新日:2022年11月8日

ここから本文です。

外来機能報告制度とは

令和3年5月の「良質かつ適切な医療を効率的に提供する体制の確保を推進するための医療法等の一部を改正する法律」(令和3年法律第49号)により、外来機能報告制度が創設され、地域の医療機関の外来機能の明確化・連携に向けて、地域においてデータに基づく議論を進めることとなりました。

外来機能報告制度の概要

地域の医療機関の外来機能の明確化・連携に向けて、データに基づく議論を地域で進めるため、

  1. 医療機関が都道府県に外来医療の実施状況を報告(外来機能報告)
  2. 1.の外来機能報告を踏まえ、「地域の協議の場」において、「医療資源を重点的に活用する外来」を地域で基幹的に担う医療機関(紹介受診重点医療機関)を明確化
    外来機能報告の概要(PDF:4,043KB)(別ウィンドウで開きます)

説明会(令和4年10月14日)

  1. 内容
    ・外来機能報告の目的
    ・スケジュール
    ・紹介受診重点医療機関の取扱い
  2. 皆様へのお願いと外来機能報告に関するQ&A
    外来機能報告説明会(PDF:86KB)

紹介受診重点医療機関の公表

(令和5年3月頃公表予定)

 

お問い合わせ

部署名:保健医療部 医務課 企画調整班(医療体制担当)

電話:078-362-4351

内線:2726

FAX:078-362-4267

Eメール:imu@pref.hyogo.lg.jp