ホーム > 県政情報・統計(統計) > 教育統計 > 学校保健統計調査 > 令和2年度学校保健統計調査結果

更新日:2021年7月28日

ここから本文です。

令和2年度学校保健統計調査結果

学校保健統計調査は、学校における幼児、児童及び生徒の発育状態及び健康状態を明らかにする基幹統計調査として、昭和23年度以降毎年度実施されています。このたび、令和2年度の兵庫県の結果をとりまとめました。

ただし、令和2年度の数値については、新型コロナウイルス感染症の影響により、調査期間が例年とは異なるため、令和元年度までの数値と単純な比較はできませんのでご注意ください。

調査結果の主な概要

(文中のページは、令和2年度学校保健統計(学校保健統計調査報告書)「発育と健康」の該当ページ等)

1.発育状態調査(p.3~6、10)

1.身長・体重の平均値の推移

  • 昭和45年度以降の各学校種別の最終学年における身長の平均値の推移は、平成6年度から14年度あたりをピークに、その後は横ばい傾向である。同じく体重の平均値の推移は、平成5年度から13年度あたりをピークにその後は横ばい傾向である。

2.肥満傾向児の出現率(p.10)

  • 男女あわせた全国の出現率と比較すると、すべての年齢で全国の出現率を下回っている。
    全国値との差が最も大きいのは高校2年生(16歳)で、全国9.09%に対し6.09%と3.00ポイント下回っている。
    差が最も小さいのは幼稚園児(5歳)で、全国3.51%に対し3.31%と0.20ポイント下回っている。

 

2.健康状態調査(p.7~9)

1.「むし歯(う歯)」

  • 「むし歯(う歯)」のある者の割合(処置完了者を含む。)の推移を学校種別にみると、平成6~7年度以降はどの学校種別でも減少傾向にある。

2.裸眼視力

  • 「裸眼視力1.0未満の者」の割合は、年齢が進むにつれておおむね増加傾向となっている。

統計表

(令和2年度学校保健統計(学校保健統計調査報告書)「発育と健康」に掲載)

表1.身長・体重の平均値及び標準偏差(エクセル:15KB)

表2.学校種別疾病・異常被患率(エクセル:17KB)

表3.アトピー性皮膚炎被患率(エクセル:12KB)

統計表1-1.発育状態の年次別推移(身長、兵庫県分)(エクセル:26KB)

統計表1-2.発育状態の年次別推移(体重、兵庫県分)(エクセル:26KB)

統計表2-1.年齢別疾病・異常被患率等(全国平均)(エクセル:46KB)

統計表2-2.年齢別疾病・異常被患率等(兵庫県男女合計)(エクセル:30KB)

統計表2-3.年齢別疾病・異常被患率等(兵庫県男子)(エクセル:30KB)

統計表2-4.年齢別疾病・異常被患率等(兵庫県女子)(エクセル:30KB)

統計表3.肥満・痩身傾向児の出現率(エクセル:17KB)

関連資料

令和2年度学校保健統計(学校保健統計調査報告書)「発育と健康」(PDF:2,017KB)

調査の概要(PDF:92KB)

利用上の注意(PDF:66KB)

お問い合わせ

部署名:企画部 統計課 生活統計班(教育農林統計担当)

電話:078-362-4130

内線:2386

FAX:078-362-4131

Eメール:toukeika@pref.hyogo.lg.jp